イチロー以来の快挙!トラウトのシルバースラッガー初受賞。



こんばんは。藤川のエンゼルス入りはあるのか興味津津の管理人です。

○トラウト、シルバースラッガー賞を初受賞!

○ウィーバー=サイヤング賞候補、トラウト=AL新人王&MVP候補に
また選手間で選ぶ新人賞も受賞。2001年のイチローが受賞して以来では、新人がSS賞を受賞するのは初らしいです。巷では厳しいとの声も聞かれていますが、この年のイチローと同じく新人王、MVPのW受賞はあるか、注目です。新人王は堅いでしょうし、今年はトラウトにとって記録づくめの一年として締めくくられそうですね。

余談ですが、2001年のイチローはメジャー史上初となるアメリカンリーグの新人王・MVP・首位打者・盗塁王・シルバースラッガー賞・ゴールドグラブ賞の同時受賞を達成しています。もう総ナメだな(笑)来季はトラウトが首位打者、トランボHR王、プホルス打点王!なんてことに・・・なったらいいなあ。(トランボは前半と同じペースで後半打っていたら44本塁打ですしね。)

CJツイート
「トラウト初受賞おめでとう!来年も獲っても気にしなくていいから。」
トラウト、おめでとうございます。

ついでに2012SS受賞者一覧
AL
▽捕手
ピアジンスキー(ホワイトソックス)
▽一塁手
フィルダー(タイガース)
▽二塁手
カノ(ヤンキース)
▽三塁手
カブレラ(タイガース)
▽遊撃手
ジーター(ヤンキース)
▽外野手
トラウト(エンゼルス)
ハミルトン(レンジャーズ)
ウィリンハム(ツインズ)
▽指名打者
バトラー(ロイヤルズ)
NL
▽投手
ストラスバーグ(ナショナルズ)
▽捕手
ポージー(ジャイアンツ)
▽一塁手
ラローシュ(ナショナルズ)
▽二塁手
ヒル(ダイヤモンドバックス)
▽三塁手
ヘドリー(パドレス)
▽遊撃手
デスモンド(ナショナルズ)
▽外野手
A・マカチェン(パイレーツ)
ブラウン(ブルワーズ)
ブルース(レッズ)

○エンゼルス、藤川に本気

藤川球児 (阪神)32歳
2012年48試合登板
47・2投球回2勝2敗24SV
1・32ERA 15BB 58K
34H 1HR 7R

GM談
「2006年から調査してきた。実績は十分に理解している」
「(藤川投手が西海岸の球団を希望していることを指して)藤川選手にとっても我々にとっても、この話は魅力だ。」
「彼の実力に疑いの余地はない。」

ディポトGMはDバックス時代から藤川選手を調査してきたようです。CJ、フリエリときて藤川。パワーピッチャー好きですな~^^(余談ですがGMはだいぶリチャーズをかってますね。彼だけはトレードする気はないらしいです。)

他にはドジャース、レッドソックス、レンジャースも獲得に強い興味を示している。
藤川来てくれたら面白くなるんで個人的には賛成。スプリットがはまればかなり活躍できるんじゃないかな?とも思いますが、その反面、直球勝負の「日本の」パワーピッチャーであることや、メジャー使用球に適応できるかが心配でもあります。

確かに全盛期は過ぎたかもしれませんが、いまだ日本では圧倒的な成績を残していることもあり、メジャーでどこまでやれるかが楽しみです。結局は日本と同じ投球ができれば十分クローザーが務まるが、メジャーの堅いマウンドと滑るボールに何処まで対応できるかがカギになるのは他の日本人投手と同じではないかと思います。五十嵐のように制球が悪いわけでもないですしね。

西海岸希望なら普通は打者天国TEXよりはLAAにDANDAN心魅かれてくような気はしますが、果たして。
やはり全盛期に比べたらさすがに球速やキレは落ちてますね。というか全盛期が圧巻のキレ。現在は変化球が多くなった印象があります。ディポトGMが初めに見た2006年あたりが全盛期でしょうか。この頃は直球だけでも打者が手が出ない状態でした。

○ミッチ・スティーターとマイナー契約!

Mitch Stetter(LHP)31歳
2012年登板無
2011年16試合登板
7投球回0勝0敗 5・14ERA
1BB 7K 8H 4R 2HR
2012年はマイナー暮らしの左サイドスロー。 高い奪三振能力をもつがノーコンと言っていいレベルに制球が悪い。マイナー・メジャー合わせて通算のK/9が9.31に対し BB/9は5.44。STで活躍したら、対左として重宝する存在になるやも・・・

○ヘイレン、「怪我が原因でトレード破談」を否定

先日カブスのマーモルとのトレードが破談となったのは前々回も書きましたが、その後ヘイレンの腰の状態をカブスが疑ったとの報道がありました。ヘイレンいはく「俺が怪我で休んだのは計3週間のみで、それ以降は問題なかった。健康だよ。」とMLB.COMの取材に応じたそうな。

○グレインキー6年150Mを要求

○ドジャースの本命は黒田博樹とアニバル・サンチェス
下の方はJohn Heyman情報。報道通りドジャースがグレインキーを狙わないんであればエンゼルスは助かるんじゃないかと言われていますがそれ以前に150Mとか狂喜の沙汰でしょう(笑)一人の選手に払う額じゃない。

グレインキー一人に単年25M以上払うというなら、ドジャースのように10M~15Mクラスのスターターを二人獲得したほうがいいと思うんですけどね~<`~´>120M越えるようなら、さすがにちょっとな・・・という感じ。(単年20Mも高すぎとは思いますが、今年のFA1位なのを考えると仕方ないかなと)

最近のFA市場は完全に値がバカになってますね。。ア

ニバル・サンチェスですら6年90Mが希望だそう。どうなってんだ一体。確かにドジャースが離脱ならザックとの再契約の可能性は高くなるとは思いますが・・・

エンゼルスの来季予想ペイロールは145M前後。現在、来季残留選手に合計115M。要はあと30M使える算段です。ザックに20Mと仮定したら残り10Mで先発1人とリリーフ2・3人獲得しなければいけないわけですから、残りの先発候補でバスケスとかブラントンの名前が(記者の予想で)あげられるのも無理はないですね。

ちなみにディポトさんはトレードでの先発獲得は否定。ザックに限らず補強はFAで獲るそうです。トランボはコーナーの外野手。モラレスはDH。どちらのトレードも否定。

チーム最古参(2005~)だったサンタナとイズタリスが抜けたいま、チームに一番長く在籍しているのはうちのエースだけになりました。(イズタリスはTORと3年9Mで契約。)ハンターも移籍濃厚とされ、チームは新しいGMのもとで変革の時期を迎えています。吉とでるか凶とでるかはわかりませんが、動きがなければ前進もない。

補強は必要ですが、あんまり一人にペイロール割きすぎるのはプホルスで最後にしてほしいかなという思いもある今日この頃でした。
p・s・とりあえず藤川の話題は追っていきたいと思います。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

メジャーリーグLAA情報をまとめます。今年は大谷翔平、コザート、キンズラーも加入しポストシーズンへ行けるか。スポナビにて同ブログを運営していましたが閉鎖のため引っ越しました。仕事で海外出張が多いので更新頻度はまちまちですがよろしくです。好きな選手はWeaver(引退),Trout,Richards,Simmons,Calhoun