Bourjos⇔Freese。Vargas退団。Joe・Smith3年契約。



お久しぶりです。「これからは更新していきます」といってから早二か月が過ぎてしまいましたね。なんて有限不実行。。。
最近二年でプホルスとハミルトンという長期契約FAを擁しながらあらゆる意味で残念な結果に終わっているエンゼルスですが、
この度管理人がずっと応援し続けてきた俊足天才センターのボージャスがカーディナルスにトレードされてしまいましたので、これについて書きたいと思います。ああほんと残念

またおなじくバルガスもロイヤルズとの4年32MMの契約を交わし、エンゼルスを去ってしまいました。
元インディアンスのジョー・スミス投手との契約などについても。
(※カージナルスの情報についてはいくつかの記事を参考に書かせていただいています。本記事下部参照。)

今回愚痴っぽくなるのはお許しください

○ボージャス、グリチャックの外野手組⇔ フリース三塁手、サラス投手のトレード

(LAA)→(STL)
Peter Bourjos(26)
2013年
MLB55試合出場196打席
.274AVG/.333OBP/.377SLG
3HR 26R 12RBI 6SB 1.1WAR
BB%=5.1 % K%=21.9 %

Randole Grichuck(22)
2013年
AA128試合出場542打席
.256AVG/.306OBP/.474SLG
22HR 85R 64RBI 9SB
BB%=5.2 % K%=17.0 %

(STL)→(LAA)                                                                                                                                                 David Freese(30)
2013
MLB138試合出場521打席
.262AVG/.340OBP/.381SLG
9HR 53R 60RBI 1SB 0.3WAR
BB%=9.0 % K%=20.3 %

Fernando Salas(28)
2013
MLB27試合登板28投球回
0勝3敗4.50ERA 3.62FIP 4.47xFIP
27H 15R 14自責 3HR 6BB 22SO
K/9=7.07 BB/9=1.93 HR/9=0.96

(1)LAA側

さかのぼると2012年オフ、ハンターが移籍濃厚となったときにハミルトンの電撃移籍が発表され、ボージャスは先発投手とのトレード候補となりましたが、モラレスがバルガスとトレードされて結果残留。
すでにメジャーリーグで不動の地位を築きているトラウトを押しのけてのスタメンセンターでした。今年がまさに正念場と言われていましたが、けがによる負傷、そして復帰直後の死球による再度の離脱で、十分な出場機会を得られずにシーズンを終えました。

その穴を見事埋めていたのがマイナー契約から這い上がり安定した活躍を見せたJ.Bシャックと、若手のコール・カルフーンでした。
ボージャスは近年は怪我に見舞われながらも、守備と走塁の評価は依然高く、セイバーメトリクス識者からはMLB最高のセンターという声もあります。

フィリーズもボージャスの獲得に興味があったようですが、同じく外野の層を強化したいカーズがフリースを出すことで決着。(なぜ先発プロスペクトをもらわないんだろう。理解できない)
サラスはあまり活躍もしておらず今年はマイナー行きも経験しているため、そこまで注目するほどでもないでしょうか。

一方、エンゼルスから出たもう一人は(層が薄いとはいえ)現在球団プロスペクトランクで4位に入っているグリチャック。トラウトがドラフト指名された年にエンゼルスから彼より上位の1位で指名されている。

2、STL側

フリースは2011年のワールドシリーズMVPにも輝いた好打の3塁手。この年には1ポストシーズン21打点というMLB記録を達成。
2012年にも.293AVG/.372OBP/.467SLGに20HRと安定した成績を残した。守備にも定評があったが、2013年のスプリングトレーニングでスタンドに飛んできたファウルボールで背中を負傷し、怪我に悩むシーズンをおくった。

野手のプロスペクトが豊富でもあるため、カージナルスはフリースを長期的なスタメンサードとして置いておくよりも、若く伸びしろのあるボージャスを獲った。

空いた三塁はマット・カーペンターが二塁からシフトし、メジャー昇格間近であるKolten WongとOscar Taverasという選手のための穴もあける模様。外野手のジョン・ジェイはボージャスが来るためベンチ入りの可能性もあるとのこと。

3、総評

またやっちまった?エンゼルス
まず前置きとしてフリースは久しぶりの強打の三塁手(多分)ですし、来シーズン打ってくれることを祈っております。個人的にも好きな選手です。

ただ、なぜボージャスを出すのか。
彼は打撃こそそこまで印象的ではないモノの、前述の通り守備と走塁は他に代替がききません。
下はファングラフス参照ですが2010年以来で2000イニング以上守ったセンターのUZR/150TOP5です。

Peter Bourjos, +20.2
Carlos Gomez, +18.2
Jacoby Ellsbury, +13.7
Michael Bourn, +9.9
Denard Span, +9.5

近年怪我がちなのを考慮に入れても、この守備力はピッチャーズパークのエンゼルスタジアムに必要でしょう(悲)ラインナップでは下位でも守備のみでも勝ちに貢献できる。彼のスーパーキャッチをもうエンゼルスでは見れないのは本当に残念。

そしてなぜ先発プロスペクトを一切要求しないのか。しかも怪我で自己最低のシーズンを送ったフリースに対してボージャス+トッププロスペクトまで付けて相手のもう一人サラスって…
正直すいませんがカージナルス一人勝ちにしか見えません。先発をどうするのかという問題も残ったままですし、これからマー君の話題含めて見守りたいですね。

今のところジョー・スミスに出したお金を含めて、ぜいたく税対象になるまであと8MM$しかなく、ケンドリック、アイバー、トランボがトレード候補という話もまだ消えていないようですね。もちろん10年240MM出せるオーナーはぜいたく税なんて気にしませんよね。ちっくしょーー

とにかくボージャスの新天地でのセンター定着と、フリースの復活を願ってやみません。

○バルガス、ロイヤルズと4年32M$で契約。移籍。

Jason Vargas(30)
2013年24試合登板150投球回
9勝8敗4.02ERA 4.09FIP 4.29xFIP
162H 68R 67ER 17HR 46BB 106SO
K/9=6.54 BB/9=2.76 HR/9=1.02 1.5WAR
怪我もあり200イニングには到達しませんでしたが、要所でいい働きをしてくれました。首脳陣は30歳の彼に4年契約はリスクが高いと踏んだようですが、ハードボーラーでもないし、イニングも投げられるので契約延長してほしかったですが。ともあれお疲れ様でした。

○ジョー・スミスと3年1575万ドルで契約!

Joe Smith(29)
2013年70試合登板63投球回
6勝2敗3SV 2.29ERA 3.60FIP 3.70xFIP
54H 17R 16ER 5HR 23BB
K/9=7.71 BB/9=3.29 HR/9=0.71
今年のFA投手の中でベストの一人とも言われていたセットアップマン。元インディアンスでサイドから投げる変則フォームが持ち味。
この契約はかなり好印象。HR打たれにくいというのも球場にあっていますし、一人変則フォームの中継ぎがいるのもいいですね。
フリエリが来季もクローザ―をやることになるようなので、スミスが7,8回を任されることになりそうです。
アローヨとコロンに興味という噂も今のところありますが、マー君の話題と合わせてまた進展があれば書きたいですね。アローヨ来てくれないかな。結構好きなんで。
追記;記事参照
Angels acquire David Freese from Cardinals for Peter Bourjos
Cardinals Continue Being Smart, Acquire Peter Bourjos

1 個のコメント

  • やあ!シーズン100敗しても絶対に解任されない監督のクソーシアです。
    このトレードもダメダメですね。フリースには悪いですけど怪我多めで中途半端感があるのとまた中途半端な中継ぎのサラスのために最高の守備のボージャスとプロスペクト放出とは頭イカれてんじゃね?ってマジで思ってしまうわけであります。あ、GMがね。そしてスミスは高すぎ!そこまでして信頼してもいいような投手でもないかなという感じです。私もなぜ先発プロスペクトを取らない!と思ってしまいます。
    まず、私が思うにエンゼルスの弱点はオツムの弱いGMとクソーシア含めた首脳陣と投手力にあるわけです。オツムの弱いGMがこのトレードしたんだからこんなことになるわけです。
    サラスやスミス獲得できたくらいでレンジャーズやアスレチックスに勝てるんですか?
    答えはノーです。100パーセント勝てるわけありません。
    先発もハンソンはブラントンにまた投げさせるわけでしょうか?彼らがMLBレベルの打者を抑えることができるのでしょうか?
    答えはノーです。
    真面目に勝つつもりなら先発ならガーザとノラスコかマー君のうち2人は取らないと可能性すらないと言い切っていいです。
    あとフリエリはセットアップにしてクローザーにネイサンかB・ウィルソンのどちらかは取らないとダメですね。無理でしょうけど。
    マイナーはスカスカです。特に先発プロスペクトが。こんなことはファンでもわかるはずなのに。
    管理人どのには悪い感じがしてならないのですが正直ディポトとクソーシア両方解任すべきだったと思っている次第です。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    メジャーリーグLAA情報をまとめます。今年は大谷翔平、コザート、キンズラーも加入しポストシーズンへ行けるか。スポナビにて同ブログを運営していましたが閉鎖のため引っ越しました。仕事で海外出張が多いので更新頻度はまちまちですがよろしくです。好きな選手はWeaver(引退),Trout,Richards,Simmons,Calhoun