2015LAA前半戦総括。ディポトGM電撃辞任も、彼が連れてきた若手のヒーニー爆投中。ASGではトラウトが2度目のMVP。



前半戦終了間際にエンゼルスは好調を維持し、48勝40敗の貯金8で折り返すことになりました。

なんといっても6連敗したアストロズをAS前の最終戦で抜いて西地区での首位奪還を果たしました!先日のオールスターゲームではトラウト、プホルス、サンティアゴが選出され、1番CFで先発出場したマイク・トラウトはNLオールスターの先発ザック・グレインキーから先頭打者弾を放ち6-3の勝利に貢献、二度目のMVPを受賞。

そんななか2011年からエンゼルスのGMとして仕事をしていたジェリー・ディポトGMが突然の不可解な辞任。どうやら首脳陣との軋轢が原因のようです。GMの話題とともに前半戦でのキープレイヤー、後半戦に向けてのキーポイントを考えたいと思います。

○ディポトGM電撃辞任。新GMは2002年WS制覇時代のストーンマン氏に。

以前の記事で書いた通り、オーナーのモレノ氏はディポト前GMの2016年のオプションを行使し、来季もGMを任せる意向でした。
プロスペクトが枯渇していたマイナーにトッププロスペクトや活きのいい若手も補充してきましたし、2014年はMLB最高勝率。ディポト氏が獲得した選手も複数活躍しての実績であり、無理に辞任させるような理屈は感じられません。ですが彼は自分から辞める決断を下しました。

「このチームが好きなので今辞めるというのは残念な気持ちだが、自分と家族にとってベストの選択」と語った前GMですが、理由の一部にはソーシア監督やコーチ陣ら首脳陣との摩擦もあったようです。

ディポト前GMが相手チームなどのスカウティング情報をフロントオフィスから直接選手に渡すことをコーチ陣に主張したところ、その時のミーティングでソーシア、コーチの一人とプホルス相手に議論がヒートアップしたということのようです。噂ではディポト氏がオーナーにソーシア監督か自分か選ぶように言ったという情報もありますが、これは本人が否定しています。

エンゼルスの代表責任者であるCarpinoが言うには「情熱的な人間がチームをよりよいものにしようと議論を白熱させれば、意見の相違からこういうことも起こりうる」。

それは否めないかもしれませんが、個人的にはディポトGMの辞任は残念です。スカウティング情報も選手に使用を強制するものではなく、渡したあとに活用するかどうかは選手の自由だったようですが、「コーチ陣から選手へ」ではなく「フロントから選手へ」というところも議論の的になったのかもしれませんね。

徹底した管理主義で知られるソーシア監督からすると自分の仕事に割って入られることに反感を抱いたのは想像に難くありませんが、やはり超長期契約のソーシア(やプホルス)の立場のほうが強すぎる印象を受けます。

違う議論の着地点があってもよかったと思いますが、この議論も一つのきっかけにすぎず、今までも色々と摩擦があったであろうことを伺わせられる点もあります。本人がチームを離れるタイミングを決めたのですから、ある意味クビになるよりは信念に従った決断であるとも言えます。

ビル・ストーンマンが今季の臨時GMに。1999年から2007年までLAAのGMでした。とりあえずソーシア監督との仲のよい人選をしたという見方も出来ますが・・・御年は70を超える方ですが、WS制覇時代のGMですし、その手腕に期待したいところです。
ディポトさんお疲れ様でした。ヒーニーやスキャッグス、クビッツァなどの成長を楽しみにしています。

○左腕Andrew Heaney昇格アンド好投中

エンゼルスのトッププロスペクト、昨年オフにハウイ・ケンドリックとのトレードで(マーリンズから移籍直後)ドジャースから加入していたアンドリュー・ヒーニーが、ウィーバーの15日DL入りに伴いエンゼルス初昇格。

ヒーニーは現在エンゼルスのNO.1プロスペクトで、MLB.COMの全体ランクでは19位の24歳左腕です。2012年のドラフト全体9位。彼はドラフト当時から完成度の高さが評価されていたようで、実際に昨年苦戦したもののマーリンズでは2014年に昇格しているので、今回はメジャー初昇格ではありませんが、エンゼルス移籍後のメジャー初登板を果たしました。90マイル前半の2シームに緩く大きな変化をするスライダーがプラスピッチ。チェンジアップもアベレージ以上との評価。

今季3Aでは好スタートを切ったものの、最近の27イニングでは27失点、3A でのERA4・71と精彩を欠いていたので、ウィーバー負傷の際も彼の抜擢の可能性は低いと思っていました。

ところが今季昇格してからは4度先発し27・1イニング投げ3勝0敗、ERA1・32、WHIP0・84と、華麗としか言いようのないピッチングを披露しています。制球がいいことが大前提ですが、特に印象的なのは左バッターに対する追い込んだ後のスライダー。今のままのペースは難しいにしてもかなりいい成績を残すのでは。

ウィーバーが後半戦から復帰するので、ローテをどうするかという良い意味での悩みが生まれます。ローテ6人制も試してほしいな…なんて思ったりしています。

○前半戦総括(キープレイヤー)と、後半戦に向けての希望

トラウト、プホルスの2大主砲を3番、4番のクリーンナップへ

・・・プホルスのカージナルスから続く長いキャリアでもほとんどなかった4番起用。今までLAAでも加入後は毎回3番を務めてきましたが、今季途中からトラウトが3番に座り、プホルスが4番打者に。チームのHRリーダーにしてALでも仲良くトップタイの26本塁打を放つ2人なので、この打順は妥当かと。また後を打つ打者が定まらず未だにアイバーとかが5番を打っていることもかなり関係していると思いますが、4番カルフーンという苦肉の策よりもよほどしっくりくる印象です。

ヘクター・サンティアゴが覚醒?

・・・ALの先発で3位のERA2・33と、まさにオールスター級の活躍。登板はしませんでしたが実際プホトラ以外でエンゼルスからオールスターゲームに唯一選出されています。後半戦もこの勢いを保てるか。
アンドリュー・ヒーニーが新人王・・・だと勝手に思っています(笑)ウィーバー復帰でローテ5人にするならヒーニーよりもシューメイカーをブルペンに回してほしいです。

CJ・クロンいきなり打ち出す

・・・開幕時は全く打てず何度もマイナーに落とされましたが、やっとエンジンがかかってきたようです。最近の15試合で50打数20安打、打率.400。確実性はないですが当たれば大きい7番打者あたりで起用してほしいところです。

パッとしないトリオ(ジョイス・アイアネッタ・フリース)の後半戦に期待

・・・もともとジョイスやフリースが5番を打つべきですが、いまいちパッとしません。ジョイスはずっと低空飛行で、ディポト前GMが辞める前にはOAKのジョシュ・レディックを獲得する案も出ていたようです。尻に火が付いていますがそろそろ右投手相手くらいは打ってくれないとほんとにDFAにされちゃうんじゃないだろうか。

エースの復活が不可欠

・・・今季不調のウィーバー。ERA4・75で、96イニングで三振49個。臀部の炎症でDLしていますが、後半戦に向けて復帰間近。速球が遅くなってることが成績悪化の原因と言われてからもう3,4年経ってる気がしますが、それでも去年までは88マイルくらいはありました。今年は試合によってムラがありますが86マイルくらいになってるときは打ち込まれてる気がします。もともと超がつく軟投派なのでそれほど気にしていません。調整登板を1度行いましたが後半戦に向けてもう一度調整する予定なので、後半1周目のローテは今と同じのようです。DLから復帰して調子も上向いていくと信じましょう。

ゴット、スミス、ストリートの新勝利の方程式

・・・初昇格のゴットがいい働きをしてます。7回を任せられる投手が久しぶりに表れた感じです。前のジェプセンのポジションですね。この3人で後半の継投を回してからチームの安定感が格段に増したように思います。ストリートは短期でDL入りしましたが後半戦は復帰できるようです。

1 個のコメント

  • ディポートの辞任は、私にとって長い長いファン歴の中で初めて、応援やめちゃおうかなという思いがよぎった瞬間でした。
    同地区でビリー・ビーンが魔法のようなチーム作りをするのを羨ましく眺める日々。レンジャーズやマリナーズまで分析手法を得意とするフロントを導入。かたや、バーノン・ウェルズを獲得する我がチーム。
    ディポートが来た時は、ああ!やっとウチも新しい分析手法に目を向けるんだ!と興奮したものです。
    もちろん、彼も選手獲得やトレードが完璧ではなかったですが、ヒーニー、サンティアゴ、ニューカム、スキャッグス、トロピアーノ、ゴット。今の有望な若手投手は、全員彼の方針で得た投手で、進んでる方向には、疑いはありませんでした。
    でも結局、それが独裁者ソーシアの前に屈し、去ることを余儀なくされた。そのようにしか私には見えませんし、心底がっかりしました。
    経験のソーシアと分析のディポート。
    素晴らしいコンビだと思っていたのに、無念でなりません。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    メジャーリーグLAA情報をまとめます。今年は大谷翔平、コザート、キンズラーも加入しポストシーズンへ行けるか。スポナビにて同ブログを運営していましたが閉鎖のため引っ越しました。仕事で海外出張が多いので更新頻度はまちまちですがよろしくです。好きな選手はWeaver(引退),Trout,Richards,Simmons,Calhoun